家の見た目を綺麗に整えるために、外部の工事を行おう

オシャレな庭にする

ブロック塀で家を囲む場合

最近は、エクステリアの需要が急激に高まっていることから、以前と比べてエクステリアの商品やサービスも豊富になってきています。おしゃれなエクステリアを望む人はどんどん増えていますが、施主もある程度はエクステリアの知識を頭に入れておくことです。 家の塀を考える時、防犯のことを考慮して高いブロック塀を希望する人がいます。高いブロック塀は、防犯と目隠し効果が抜群ではありますが、日当たりや風通しがやや悪くなります。施工費も高くなるので注意しましょう。高いブロック塀にする場合、施工後の日当たりや風通しの変化も考えなくてはいけません。 最近は、ウッドフェンスが主流になっています。塀は高いブロック塀だけではありません。

ウッドフェンスが主流

今まで、家を囲む塀はブロック塀が多かったですが、今ではウッドフェンスを導入する家庭が増えています。自然素材のウッドフェンスは、目に安らぎを与えてくれて心を癒す効果があると言われ、人気が高まってきました、確かに、ブロック塀よりも見た目は柔らかい印象があります。 ウッドフェンスには立格子と斜め格子のものがありますが、洋風の家や庭に合うとされているのは、斜め格子のウッドフェンスです。一方、立格子のウッドフェンスは和風の家や庭によく採用されています。 ウッドフェンスは木なので、エクステリアに使うとすぐ腐ったりするのではないかと考える人は多いです。しかし、防腐処理がしてあるので、何もせずとも10年位はもちます。

↑ PAGE TOP